オトナアニメ Vol.11

・フリーランスになってはじめての商業原稿。

第1特集『ソウルイーター』「夕方と深夜、“共鳴放送”というチャレンジがもたらせたモノ」テレビ東京の吉野文氏、電通の山西太平氏(ともにプロデューサー)インタビューを担当。

日詰明嘉 AKIYOSHI HIZUME

進学塾講師業、Webニュース企業の記者を経て、2009年よりフリーランスのライターとして活動開始。 アニメ、アニソン、声優、CG関連の記事を雑誌、書籍、Web、オフィシャルパンフレット、Blu-rayブックレットなどに寄稿しています。 このブログは仕事履歴を記録したものです。 2018年より一般社団法人フリーランス協会会員。

0コメント

  • 1000 / 1000