「人を喜ばせること」がミッション エンターテインメントに尽くす人生から伝えたいこと | デジタルハリウッド校友会 - Digital Hollywood Alumni Association

取材・構成を担当。

デジタルハリウッド大学1期卒業生の大河内卓哉さん。子供の頃から「人を喜ばせること」を自身のミッションと考え、エンターテインメント業を志し、杉山学長のテクノロジーへの展望に共感してデジタルハリウッド大学に入学。在学中に起業し、卒業後は幼少の頃より嗜んでいたカードゲームやモバイルゲームを中心にプロデュース業務で活躍。学生時代に学んだことや仕事に懸ける思いについて伺いました。



日詰明嘉 AKIYOSHI HIZUME

進学塾講師業、アニメWeb媒体記者を経て、2009年よりフリーランスのライターとして活動開始。 アニメ、アニソン、声優、CGの記事を雑誌、書籍、Web、オフィシャルパンフレット、ブックレットなどに寄稿しています。 このブログは仕事履歴を記録したものです。 2018年より一般社団法人フリーランス協会会員。

0コメント

  • 1000 / 1000