第1回:沼倉 有人 氏(雑誌「CGWORLD」編集長) | 3DCGの未来~CGアニメとメディアリレーション~ | AREA JAPAN

<構成のみ担当>

日本におけるフルCGアニメーション制作への理解と振興を目指す本連載。今回より「3DCGの未来 ~CGアニメとメディアリレーション~」とリニューアルをして、CGアニメと関係するさまざまなメディアのキーパーソンにお話をうかがう。記念すべき第1回は2018年8月号で創刊20周年を迎えた雑誌「CGWORLD」の編集長の沼倉有人に登場していただき、CG業界の変遷をお話いただいた。  日本のCG雑誌は1990年代後半には不定期刊も含め10誌以上が林立していたという(http://digitaldna.jp/article/magazine.html)。そんななか、現在まで残っている雑誌は「CGWORLD」のみだ。そんな本誌に携わり始めて13年以上、編集長として6年以上務め続けている沼倉氏が見た変化の激しいこの時代はどのように映っているのか、そして同じように変化を続けていかねばならないCGメディアの役割とは。クロスメディアで展開する20年目の「CGWORLD」を聞いた。

日詰明嘉AKIYOSHI HIZUME

フリーライター

0コメント

  • 1000 / 1000