「DEVILMAN crybaby」湯浅政明監督インタビュー - アキバ総研

取材(共同)・構成を担当。

永井豪画業50周年記念作品のひとつであるアニメシリーズ「DEVILMAN crybaby」が、2018年1月5日よりNetflixで全世界同時配信を開始する。原作「デビルマン」は1972年にアニメとマンガが同時期に発表され、それぞれがまったく違う結末をたどった。それぞれ人間と悪魔の戦いを描きつつも、あくまでヒーロー作品のスタイルを通したアニメ版に対して、マンガ版はホラーや残虐的な描写を通じて人間の中に潜む悪魔的要素を暴き出し、物語は衝撃的な結末を迎えた歴史的傑作。今回の「DEVILMAN crybaby」はそのマンガ版に準拠したストーリーを構成している。

湯浅政明監督は、2017年公開の劇場アニメ「夜明け告げるルーのうた」でアヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリとなる長編部門クリスタル賞を獲ったことが記憶に新しいが、本作はさわやかな作風のそれとは違い、ある種、過去の「マインド・ゲーム」(2004年)や「ケモノヅメ」(2006年)といったアーティスティックでドラッギーな作風への回帰を感じ取れた。湯浅監督の作家性が、「デビルマン」という作品とどのようなケミストリーを生み出し、今回のアニメ化に至ったのか、お話をうかがった。


日詰明嘉 HIZUME Akiyoshi

進学塾講師業、アニメWeb媒体記者を経て、2009年よりフリーランスのライターとして活動開始。 アニメ、アニソン、声優、CGの記事を雑誌、書籍、Web、オフィシャルパンフレット、ブックレットなどに寄稿しています。 このブログは仕事履歴を記録したものです。 2018年より一般社団法人フリーランス協会会員。

0コメント

  • 1000 / 1000