【インタビュー】『エヴァ』との26年を込めた最後の5行とは? 新曲「Final Call」への想いを高橋洋子に聞く – リスアニ!WEB

高橋洋子がTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌『残酷な天使のテーゼ』を歌ってから26年。近年も『エヴァ』シリーズに関連した様々な楽曲を歌う中、エヴァンゲリオン25周年記念作品パチンコ『新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~』新規搭載楽曲である新曲『Final Call』をリリースした。「これが最後になるかもね」という意味深な歌詞を含むこの楽曲、高橋はどんな思いで本作を作り、そしてアニメの“完結”を見届けたのか。この曲でもまた新たなクリエイターとコラボをする彼女の創作の姿勢を聞いた。

取材・構成


日詰明嘉 AKIYOSHI HIZUME

進学塾講師業、アニメWeb媒体記者を経て、2009年よりフリーランスのライターとして活動開始。 アニメ、アニソン、声優、CGの記事を雑誌、書籍、Web、オフィシャルパンフレット、ブックレットなどに寄稿しています。 このブログは仕事履歴を記録したものです。 2018年より一般社団法人フリーランス協会会員。

0コメント

  • 1000 / 1000