歴代ルパンへのリスペクトを込め、2Dから3Dへ『ルパン三世 THE FIRST』メイキング|CGWCCレポート(5) | 特集 | CGWORLD.jp

12月6日(金)ロードショーとなった、シリーズ初のCG映画『ルパン三世 THE FIRST』。「『ルパン三世 THE FIRST』メイキング~2Dから3Dへ」と題されたセッションでは、本作の制作を行なったマーザ・アニメーションプラネット(以下、マーザ)より、本作の監督補・波田琢也氏、同アニメーション スーパーバイザー・坂本知万氏、同ショットワークチーム マネージャー・赤木達也氏が登壇し、マーザの歴史と蓄積を踏まえたCGキャラクター・アニメーションづくりのメイキング解説を行なった。

日詰明嘉 AKIYOSHI HIZUME

進学塾講師業、Webニュース企業の記者を経て、2009年よりフリーランスのライターとして活動開始。 アニメ、アニソン、声優、CG関連の記事を雑誌、書籍、Web、オフィシャルパンフレット、Blu-rayブックレットなどに寄稿しています。 このブログは仕事履歴を記録したものです。 2018年より一般社団法人フリーランス協会会員。

0コメント

  • 1000 / 1000