シド・ミードは人類で唯一の"ビジュアル・フューチャリスト" 日本を代表するコンセプトアーティストが語る「コンセプトデザインの真髄」レポート | 特集 | CGWORLD.jp

映画『ブレードランナー』などの作品を通じ、"ビジュアル・フューチャリスト"として、数多くのクリエイターや作品に影響を与えて来た世界的インダストリアルデザイナーのシド・ミード氏。彼の代表的な原画150点が一堂に会する「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」(以下、「シド・ミード展」)は、2019年4月27日(土)より東京・アーツ千代田3331にて開催され、37日間で3万2000人以上が来場するという大盛況の展示会となった。

この展示会とCGWORLDの創刊20周年イヤーを記念したトークイベント「シド・ミードのアートワークに学ぶコンセプトデザインの真髄」が、2019年5月10日(金)に開催された。コンセプトアーティストとして活躍する木村俊幸氏と富安健一郎氏がシド・ミード氏のアートワークを徹底解説するという貴重なセミナーの模様をお届けする。

0コメント

  • 1000 / 1000