Miliインタビュー 新作「攻殻機動隊 SAC_2045」コンセプトシングルに込められた思いとは? 「持続可能性」から「LGBTQ」まで、世界基準の音楽世界を聞く

世界基準で活動を行い、注目を集める音楽制作集団「Mili(ミリー)」が、2020年6月10日に人気アニメ3作品の主題歌を収録したシングルを2枚同時リリースする。1枚は「攻殻機動隊 SAC_2045」のエンディングテーマ「sustain++;」を含む「攻殻機動隊 SAC_2045」のコンセプトシングル。そしてもう1枚はTVアニメ「グレイプニル」エンディングテーマ「雨と体液と匂い」と、劇場作品「ゴブリンスレイヤー-GOBLIN’S CROWN-」テーマソング「Static」を収録したダブルタイアップシングルだ。 各作品ごとに深いアプローチで作られたこれらの楽曲からは、Miliの多彩な音楽性を感じることができ、また随所に入れ込まれた社会的なメッセージからも、彼らが世界を相手に表現していることが見て取れる。コンポーザーのYamato KasaiとボーカリストのCassie Weiに、楽曲作りから歌に込められたメッセージまでをたっぷりと語ってもらった。 

0コメント

  • 1000 / 1000