PR 急成長に台湾政府も注目の株式会社5(ファイブ)東京スタジオ開設 経験者を全職種で正社員募集! | インタビュー | CGWORLD.jp

求人記事執筆(構成のみ)

ひとりの日本人のCGアニメディレクターが、信頼厚い仲間とともに設立した株式会社5(ファイブ)。2021年はまだ4年目でありながら、台湾スタジオは今年度に150名ほどにまで規模を拡大するほどの急成長を遂げようとしている。さらに、東京では新たに恵比寿でスタジオを開設し、そこに参加するスタッフを幅広い分野で募集している(経験者採用)。日本のアニメCGをさまざまな文化の人々が作り、世界に向けて発信するという文化色豊かな独自の制作体制を持ち、台湾政府も注目する同社のようすとビジョン、そして人材募集のねらいについて、アカウントマネージャーの松山千鶴氏にお話いただいた。なお、本記事は2021年3月13日に開催されたオンラインイベント「CGWORLD JAM ONLINE 2021」の同社配信内容をもとに執筆している。


日詰明嘉 AKIYOSHI HIZUME

進学塾講師業、アニメWeb媒体記者を経て、2009年よりフリーランスのライターとして活動開始。 アニメ、アニソン、声優、CGの記事を雑誌、書籍、Web、オフィシャルパンフレット、ブックレットなどに寄稿しています。 このブログは仕事履歴を記録したものです。 2018年より一般社団法人フリーランス協会会員。

0コメント

  • 1000 / 1000