「まずストーリーありき」。リアルタイムカットシーンで魅せたイメージ・ロジックのディレクターズに聞く、 制作スタイルとは。

求人記事広告 取材執筆

「デジタルの力で"物語"を創るスタジオ」をコンセプトに掲げるイメージ・ロジック。大手ゲーム会社出身の安田拓二氏が2018年に立ち上げた同社のディレクターズの活躍がまぶしい。手づくりで制作したジオラマの上を3DCGキャラクターたちが冒険するという、斬新かつ温かみのある画面で話題を集めた『FANTASIAN』においては、同社若手が中心となり、リアルタイムカットシーンの制作を担当した。そんなイメージロジックが、現在、大型映像制作を見据えて大規模増員中だ。インタビューを通じ、イメージ・ロジックの制作スタイルや求める人材像について紹介していこう。


日詰明嘉 HIZUME Akiyoshi

進学塾講師業、アニメWeb媒体記者を経て、2009年よりフリーランスのライターとして活動開始。 アニメ、アニソン、声優、CGの記事を雑誌、書籍、Web、オフィシャルパンフレット、ブックレットなどに寄稿しています。 このブログは仕事履歴を記録したものです。 2018年より一般社団法人フリーランス協会会員。

0コメント

  • 1000 / 1000