【スペシャル対談】WOWOWオリジナル新作長編アニメ『永遠の831』主題歌・angela×OPテーマ・カノエラナーー神山健治監督が描く現代社会へのメッセージをどのように読み解き、表現したのか?

2022年1月30日にWOWOWで放送・配信される、WOWOWオリジナル新作長編アニメ『永遠の831』の主題歌を歌うのは『蒼穹のファフナー』シリーズをはじめ、数々のアニメソングを手かげてきたangelaと、多彩な歌声を持つフレッシュなシンガーソングライターのカノエラナだ。本作の監督・脚本を務めるのは、手がける作品はいずれも現代社会に対してのメッセージ性が高いことで知られる神山健治監督。それぞれが主題歌を作るうえでどのような読み解きをしたのか、楽曲作りとともに話を聞いた。

日詰明嘉 HIZUME Akiyoshi

進学塾講師業、アニメWeb媒体記者を経て、2009年よりフリーランスのライターとして活動開始。 アニメ、アニソン、声優、CGの記事を雑誌、書籍、Web、オフィシャルパンフレット、ブックレットなどに寄稿しています。 このブログは仕事履歴を記録したものです。 2018年より一般社団法人フリーランス協会会員。

0コメント

  • 1000 / 1000