未曾有の大型フルCGアニメ作品制作ラッシュ!荒牧伸志×神山健治 両監督、SOLA DIGITAL ARTSキーパーソンが語る挑戦の行方、求める人物像 | インタビュー | CGWORLD.jp

2019年4月より全世界配信を開始し、記録的な視聴率を誇る『ULTRAMAN』に加え、世界中にファンを持つ『攻殻機動隊 SAC_2045』、『Blade Runner: Black Lotus』と注目作を次々と送り出すCGプロダクション SOLA DIGITAL ARTS。

2010年に設立され、『スターシップ・トゥルーパーズ:インベイジョン』(2012)をはじめ、荒牧伸志監督作の制作・プロデュースを一貫して行なってきた同社がCGディレクター、アニメーター、モデラー、リガーなど全職種を対象にした大規模な人材募集を実施中だ。

そこで今回は、『ULTRAMAN』を共同監督した荒牧伸志監督・神山健治監督、プロデューサーの橋本トミサブロウ氏、そしてCEOのジョセフ・チョウ氏の4者で同社の特徴と求める人材について語っていただいた。

0コメント

  • 1000 / 1000