10年越しに完成したオリジナルアニメ デジタルハリウッドで学んだスタジオ経営哲学 | デジタルハリウッド校友会 - Digital Hollywood Alumni Association

取材・構成を担当。

3DCGアニメーション制作会社・ピコナで代表取締役を務める吉田健さん。大手ゲーム会社を20代で退職後、オリジナルアニメーションを制作することを目標にデジタルハリウッドのスクールと大学院に通い制作現場とプロデュースの両方を学ばれました。クリエイターの労働環境改善にも尽力し、現在はカナダのスタジオと新たな作品の制作を展開中です。デジタルハリウッドで学んだプロデュース哲学とスタジオ経営術がこれまでと現在にどのように生きているのか、吉田さんにうかがいました。


日詰明嘉 HIZUME Akiyoshi

進学塾講師業、アニメWeb媒体記者を経て、2009年よりフリーランスのライターとして活動開始。 アニメ、アニソン、声優、CGの記事を雑誌、書籍、Web、オフィシャルパンフレット、ブックレットなどに寄稿しています。 このブログは仕事履歴を記録したものです。 2018年より一般社団法人フリーランス協会会員。

0コメント

  • 1000 / 1000